TOPICS
#決算申告の確定申告は
個人法人共に
ネット通販で承り。
支払はLineペイ」
詳細はhttp://決算申告.jp

このサイトは
アアクスグループの総合情報版です


消費税の現場処理は会計フリーで自動解決する!

#会計ソフト操作を教えるDOGAMI無料操作支援(顧問先で会計フリーに限る)
#会計ソフト初期設定をDOGAMIが無料で代行(顧問先の会計フリーに限る)

(お断り)会計フリーはfreee株式会社の登録商標です。


※投資なし自動経理
※スキャナーで自動仕訳!
※スマレジで連動し自動経理できます


レジ対策は?
飲食業等のみ領収書発行デバイス必須
※対応例『スマレジ』
#運営費が格安で機器は約20万円
#返還不要の中企庁助成申請が可能

#零細企業のレジ対策は導入後の運営費が格安で補助金申請が可能なのでDOGAMIが推奨しています.
(お断り)スマレジは㈱スマレジの登録商標です。

#2019年10月1日の軽減税率のある消費税課税は複雑系です。
経営リスク!
飲食業や美容室等は領収書発行ソフトなしでは商売にならない(経営危機に陥る!)


一般の企業も消費税課税を受ける者は、その経理を、手作業でやっていては、商売になりません。
どうしても、消費税対応の会計ソフトが必要と考えられます。


どうすれば良いか分からない方には、
DOGAMIは、自動経理機能付き(スキャナー利用)のクラウド会計ソフトである「会計フリー」の利用をお勧めします。

軽減税率のある領収書発行が必要な事業所はもう既に殆どが従前のTEC等のソリューションを得ている筈です。

小規模な飲食店等で未だ新しい請求書発行システムを導入していない方は予算を20万円ほど用意して対応をお急ぎ下さい。どうしても相談が必要ならDOGAMIに無料相談下さい。


※お断り
⑴会計フリーはfreee㈱の、スマレジは㈱スマレジの登録商標です。
⑵税務相談及び税務申告は「税のDOGAMI」の税理士が担当処理します。


会計フリーの操作を無料指導します!

指導条件は、
⑴ ユーザー
会計フリーの有料ユーザーであること

⑵ 顧問先
DOGAMIの顧問先になること
・因みに報酬は法人なら税込み年5万円(税税込み月@4,166円)
・個人事業なら税込み年3万円(税込み月@2500円)


会計フリーの良い点 

⑴ 自動経理

所要時間
スキャナー利用で素早い経理仕訳ができます。
顧問先Aの報告では、仕訳に掛かる時間は従前の5分の1ほど。
 
10時間の仕訳作業が2時間ほどで済むという事になりますね。
大方の顧問先の経理仕訳の所要時間と同様です。


誰でもスキャナー要員
経理作業でスキャナーなら誰でも操作できます。
今ではスキャナーの信頼度は100%近いです。

それに帳簿の経理検査は顧問税理士が必ず行う作業工程の一つです。
ですからスキャナー要員の責任はありません。

結果的にみて、経理の時間短縮も作業委託先の素人化も、
社長の苦労を軽減する話です。



⑵ 帳簿の品質アップ

素早い帳簿
スキャナー経理は領収書等をPDF化して、
会計ソフトがPDF情報を、帳簿の経理仕訳に変換します。
 
これで帳簿は素早く出来上がり、
ライバルより一足早く、社長に届きます。
 
社長はいち早く、
例えば営業現場に営業指示や製造部に仕様変更を指示できます。
このように素早い経理は、経営現場の生産性の向上に役立ちます。
 
 
経理の品質向上

帳簿の一元化
クラウド会計ソフトは帳簿(会計ファイル)も会計ソフトも
クラウド仮想空間上に格納して、ダウンロードして使います。
 
 
営業所の情報も本店情報と同時にクラウド上に格納され、
何時でも何処でものユビキタス環境下での経理運営が行われます。
 
 
「摘要元帳」の経営利用
一元化帳簿は、
仕訳段階で会計ソフト内に「摘要」を登録すると、
摘要は仕訳の都度、、例えば売掛金勘定の得意先Aが表示され
「この摘要は使いますか?」と謂わんばかりです。


ディスプレイ上に表示され、そのボタンを押すだけで
売掛金の発生や回収の仕訳の都度、帳簿が更新されます。
 
得意先Aの補助簿を更新して、期末に向けて
得意先Aの補助簿情報が蓄積され得意先元帳を構成して
例えば売掛金残高表の決算資料を自動的に作成します。

このように摘要元帳一つとってみても、
管理会計の多くの部分が自動的に出来上がり、
経理の高度化は、一気に進みます。


⑶ 効 能
このように、
クラウド会計ソフトである「会計フリー」は、

自動的に、
仕訳作業の時短をし、

摘要利用で、
経理を自動的に管理会計に向上させます。



クラウドの広域利用
クラウド効能はオンラインで能力を発揮します。
株式会社バトンズは
全国版の「オンライン承継マッチングサイト」を立上げました。

事業承継への貢献

1. 推定「MA難民」の解消法
70歳超の終活を待つ「オーナー社長」の事業は、
令和元年で推定27万社と言われます。

MA専門家は幾ら多く見積もっても5,000人は居ません。
統計的には事業承継に溢れた承継難民が存在することになります。

それを解消するのは、
小規模MAなら自分で
事業売買を行える全国版「オンライン承継マッチングサイト」です。

このサイトは小規模MA向けにも開発されました(新バトンズ)
零細企業が入口無料でマッチングサイトに掲載できます。
入口有料の方は、意を決したら進みましょう。


2. バトンズとは?
上記の全国版「オンライン承継マッチングサイト」を運営するのは、
株式会社バトンズ(東京中央区)です。

※同サイトはバトンズ社の登録商標です。
※同社は優良な東証1部上場の株式会社日本M&Aセンターの100%子会社です。
※文中、M&Aシニアエキスパートは株式会社きんざいの登録商標ですが主に日本MAセンターが運用しています


MA仲介の中抜き
小規模MAの承継情報(会社売買情報)だけなら、無料とされます。
MA情報は小規模な事業譲渡では最早、報酬は取れない業界フェーズ入ったと云います。


ではMA専門家はどうなるか?
中抜きはどの業界でも起こる経済現象です。

まず喰えなくなる人たちは、
専門特化でMA業界に馴染みの薄い税理士等の専門家。
MA業界に詳しくない人は、商売になりません。


MA専門家として
長期の実務経験の研鑽を積んだ人で、
MA事業譲渡等に掛かる総合的な能力を備えた人で、
且つ、薄利多売のMA商売に興味のある人などが、
この業界で生き残って行くでしょう。
 

DOGAMIは、
株式会社バトンズのマッチングサイトに
いち早く会員登録しました。
今後AI利用のソフト開発が進む中、

小規模なMA専門家DOGAMIは、
このサイト利用の恩恵を受けて、
MA承継情報は原則無料の時代の専門アドバイザーとして
活躍したいと思います。



相続の課税対象の拡大
行政として平成25年度税制改革で、
相続税課税が強化されました。


新しい相続
平成30~31年度版相続税法の改正で、
相当の変化がありました。

上記の事業承継に掛かる税制としても、
MBOや納税猶予の改革も進んでいます。


❖相続支援者の資質
相続法制も、また新しい局面を迎え、
幅広い経験と知識の研鑽が必要となりました。

相続争いの遮断には公正証書遺言との併用で家族内の家族信託契約が有効です。

認知症社長の相続対応には政府の成年後見制度を利用して本人のみの財産を守る仕組みを使うか遺族が力を併せて遺産活用を図るかの判断も必要です。

特に #特に株式を殆ど全部保有するオーナー社長が認知症になった場合の対応は成年後見制度を使う場合には民法858条の本人の財産を守るとはどういうことなのかをよく理解する必要があります。

このように、
#相続支援も家族信託や成年後見制度等を含む幅広い知識が要求され単に相続税法だけでは相続税申告のコンサルティングは務まらなくなりました。


ご相談下さい。
DOGAMIは必要な隣接資格集団の会員登録もして、
間違いのない相続問題の解決に貢献します。

無料相談窓口は
フリーダイヤル
0120ー03-6066
窓口案内は山本努
受付けは平日9:00~17:00

責任者はDOGAMIです
アアクスグループ株式会社
代表税理士堂上孝生


e-mail dogami@taxes.jp
※税務相談と税務申告は弊社の税理士が行っています。


税理士堂上孝生の装備資格は
※上級相続士(日本相続士協会会員)
※家族信託専門士,家族信託コーディネーター(家族信託普及協会会員)
※職業成年後見人(東京税理士会で裁判所登録申請のための所定の学習を終えています)。